2016年10月25日更新

社内不倫は公になったら終わり

社内不倫、燃え上がった勢いにのって、つい誰かに知らせたくなりますが、絶対に知らせてはいけないのが社内不倫です。

ツイート
20views

知らせたいけど知らせてはいけない社内不倫

社内不倫をしていると、誰かに知らせてしまいたい気持ちに陥ります。
憧れの上司が自分にだけ魅せる姿を同僚にポロリとでも言ってしまいたい。
そんな気持ちをもし持ってしまったら、気を付けてください。

社内不倫は誰かに一言でも喋ってしまえば、終わってしまいます。

公にされたくない男心

もし、男性側が不倫に対して抵抗が無ければ、そうではないかもしれませんが、
ほとんどの場合は「あり」ます。

不倫をしていると社内で知れ渡れば、社会的なポジションも危うくなります。
それが、現代社会の不倫をする人間へ対する信頼の無さです。

なので、相手の事を思うのならば、絶対にばらしてはなりません。

相手の気持ちも一気に冷めてしまう

誰にもばれないからこそ不倫であって、お互いに盛り上がっていきます。
秘密を二人で共有しているからこその関係であって、
公になってしまえば、一気に冷めてしまう可能性もあります。

それはもちろん、相手だけでなく、あなた自身も、どうして今までこんなに必死だったんだろうとバカみたいに感じてしまう事だってあり得ます。

その関係を、続けていきたいのならば、相手の気持ちを冷めさせてはなりません。

しかし、いつかは進まなければならない。

しかし、そうだと言っても、そのままズルズルと不倫関係を続けていても、未来はありません。
いつかは、終わりにするか、さらに先を目指すか、進まなければいけません。
進む時は、短期決戦…。
怒涛のような時間が流れます。

一気にお互い憔悴していくことでしょう。

そうなる前の、甘い社内不倫の時間。
二人だけで、思う存分楽しみましょう。

シェアする気になったらシェアする

つぶやく
シェア

関連するキーワードキーワードからまとめを探す